ジャグラーについて

ジャグラーのキャラクター紹介

ジャグラーシリーズにはユニークで可愛いらしいキャラクターがたくさん登場します。それもジャグラーが人気の秘密でしょう。

リプレイ絵柄は動物の名前や鳴き声をもじったキャラ名になっていて、絵柄には特別な意味が含まれているものもあります。見ているだけでも可愛いですね。

ジャグラー
ジャグリー
ジャグビー
ジャグミー

リプレイ絵柄のキャラ名とキャラ採用の由来は?

ツノっち(サイ→再遊戯)
トラっぴ(トラ→リトライ)
オっぽ(リス→リスタート)
チュー助(ネズミ→再抽(チュー)選)
まろ吉(犬→ワンモア)
ベコたん(牛→もう一回)

ジャグラーの歴史

1996年 ジャグラー
1999年 ジャグラーV
2001年 ゴーゴージャグラー
2002年 ハイパージャグラーV
2003年 ゴーゴージャグラーS30
2003年 ジャグラーガール
2004年 ゴーゴージャグラーV
2005年 ジャグラーTM
2006年 ファイナルジャグラー

そもそもジャグラーとは?

ジャグラーとは、ジャグラー(JUGGLER)とは、パチスロの機種の一つで、1996年に北電子が開発販売したものです。

ジャグラー(JUGGLER)は、1996年に北電子が開発・販売したパチスロ機である。
ボーナス成立時のゲームで第3ボタンを離した瞬間、「GOGO!ランプ」と呼ばれる告知ランプが点灯する。この演出は「ペカる」と表現されることが多い。リーチ目はボーナス絵柄一直線とピエロ・ボーナス・ピエロ(ピエロはさみ)、単チェリーのみ。発売当時は大量リーチ目時代の真っ只中で、他社が大量リーチ目やボーナス成立ゲーム時のみ出現するリーチ目など、いわゆるテーブル制御方式が主流になりつつあった。そんな中、本機では敢えてコントロール方式が採用され、他機種において明らかにハズレ目のような出目でもボーナスが期待できるようになっている。
※Wikipediaより引用

ちなみに「ジャグラーの日」というのもあるようです。

ジャグラーシリーズの発売元である北電子では、ジャグラーの「GOGO!ランプ」が「55」と読めるという語呂合わせから、2009年より5月5日を「ジャグラーの日」とすることを発表した。2008年8月には日本記念日協会による認定を受けており、今後ホール等で周知・宣伝を図っていく方針である。
※Wikipediaより引用

ジャグラー開発・販売メーカー

公式サイト

https://www.kitadenshi.co.jp/

所在地・アクセス

株式会社北電子ホールディングス
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目7番7号 東京西池袋ビル 12F